無理に派手な服に挑戦するよりも、ちょっと、自分風にひとひねりが素敵

私は、男性の服装は、一ひねりある物が好きです。日本の男性は、どうも、無難にまとめる、皆と同じような服装をするのが一般的なような気がします。

会社員だと、皆同じように、ダークグレーの背広に、靴下は黒か紺…。鞄も黒で、靴も黒…。

そんな男性を多く見かけますが、まるで、学生の学ランのようです。会社の体制が古いので、仕方ないという事情もあるかもしれません。
それでも、ダークグレーの背広の胸ポケットに、淡い黄色やピンクのハンカチを飾ると、おしゃれに見えます。

ネクタイもグレーや紺ばかりでなく、グレーにわずかにピンク色や水色、クリーム色、ベージュなどが入っていると、同じように見えても、実は、こだわりを持っている気がして、素敵です。

節電の為に、カジュアルな服装を求められて、困ってしまうのは、なんだか情けないのです。いきなり、ピンクや水色、クリーム色のシャツに変えなくても、グレーやダークグレーを基本色にして、ちょっぴりワンポイントに優しい色を混ぜるのは、敷居も高くないし、素敵だと思います。

又、無理して、難しい色や、派手な色に挑戦するよりも、普段よりも、ちょっとひねる位だと、自然に感じます。やはり、無理をするよりも、ちょっこと遊んでみました、
という感じがするファッションの方が、大人ぽく、真面目そうな気がして、私は好きです。